田中将介

-tanaka masayuki-

僕が旅が嫌いな理由

観光という言葉に気づいてから。


闇の見方。なかなかやみは見えない。
そのばにどしんとかまえたい。そっちのほうが見えるから。
それでも大変。
観光は光をみること、それでは嫌だなと思って旅に出た。
結局観光をしている。最悪だ。
五感を使ってオーセンティクなものをみたくて。

貧困ってなくならないのかなあ。
平和にならないのかなあ。
どこかでいやなおもいしてるのかなあ
世界中のため息をどうにかして。

この旅をしてなにになるのか。
何を重視して旅をしているのか。
たしかにおもしろい。雰囲気も感じる。
だけどとくに何もない気がしてしまう。
人生を変えるほどの経験。
ただの経験になっているだけ。
他の人がどんな旅をしているのか。旅の何が楽しいのか。
何かしながら旅をすべきなのか。
わからないなあ。

ものごいにあたたかい飲み物をあげていた。
自分がかまっているときは欲しがる。
でもそういう人を見ても何もしない。
ひでさんのぶろぐにもあったように、普通にディナーを続けるのだ。

プラハの夜景。
今まで何も親には喜ばしいことさせてあげてない。
野球でも。
夜景がきれいだけどその他にいろんな感情で涙が出る。
世界なのか、異国の方がしっくりくる。

確かにお金持ちなのかもしれない。良く言われる。
旅できるということは。

この記事をシェアする