田中将介

-tanaka masayuki-

統一地方選挙・首長選挙間近 出馬予定者に送るちょっとしたメッセージ

政治

ご無沙汰しております。

最近は、ブログを更新するひまもないくらい、いや、しようと思えない状態にありました。そして、今も壁にぶち当たっているところでございます。

さて、2019年の統一地方選挙が近づいてきました。同時に、各地で首長選挙も行われます。

ちなみに、私は出馬しません。目指すべきことがあるからです。

今、候補者はぐらぐらと揺れているでしょう。中には、もう出馬することを諦めてしまった人もいるかもしれません。いや、きっと多いでしょう。

選挙のやり方がわからない。親、妻に反対された。人それぞれ、事情があるでしょうから、理由は多種多様です。

出馬を決め、政治活動されている新人の方も思うでしょう。あれ、政治活動って本当にこんな方法でいいの?仲間もいないし、区民も見向きもしない。もう心が折れそうだ・・・。って。

とことん、孤独になります。夜もうかうか寝れないですよね。

本当にこんなんでいいんだろうか。本当に僕は、私は、選挙に出ていいのだろうかって。

 

でも、この気持ちは、候補者にしかわかりません。覚悟を決めた上で、出馬を表明するということは、大変なハードルの高さです。そこを乗り切って、意思をもって出馬をしようと決めた、そこで、もう全国民の1%にも満たない気がします。スタートラインに立っている、希少な存在だと思います。

そして、僕は今、仕事柄つくづくこう感じています。

「今、やる」

今、やるのです。来年やる、再来年やる、じゃないのです。

今、目の前に、チャンスとタイミングがあるのであれば、今やるんです。

今やることで、今後の人生も一気に開けるのです。

今やるを積み重ねることで、やらないよりも、何千倍も人生が前に進みます。交友関係も全く変わってきます。

だから、自信をもって、戦ってほしいと思います。選挙は、勝者も敗者も尊いものです。もし本気であればの話ですが。

選挙の戦い方なんて、どうでもいいのです。自分が試行錯誤すれば、自分らしいやり方が見えてきます。

それでいいのです。自信をもって。わからなければ、他の人に聞いてみてください。僕でもいいですし。笑

この時期、僕は会見を終え、本格的に準備を進めている段階です。まだ外にも出ていません、用具も揃っていませんそれでも戦いきることができました。

だから、あせらず、目の前のことをたんたんとやってください。

スタートラインに立ったこと、それだけでいいと、僕は思います。

この記事をシェアする