選挙結果報告

【選挙結果報告】
平成30年4月15日執行、練馬区長選挙において、19782人の方に尊い一票を頂きましたが、残念ながら落選となり、前川あきお練馬区長が再選となりました。強かった。政策もしっかりとした素晴らしい区長でした。
応援してくれた皆、毎日、私のわがままに付き合ってくれた皆、本当にごめんなさい。
あと1人に握手をしていれば、あと1人に勇気を出して声をかけていれば、結果は変わっていたかもしれない。自分を否定し続ける毎日でした。どんな形であれ背中を押し続けてくれた仲間たちには申し訳ない気持ちでいっぱいです。
きっと、ビラを配った皆も、区民の皆さんから、前向きな声をかけられた反面、傷つく言葉ももらって嫌な気持ちになったこともたくさんあったかと思います。
選挙に出ると決めてから、本当に多くの方にご迷惑をおかけしました。たくさんの方が、親切で声をかけてくださっているのに、頭ではわかっているのに、全てを受け止めきれずに、失礼な態度をとってしまった自分がいたことも、はっきりと認識しています。それでも見放さずにいてくれた皆、本当にありがとう。
昨日、練馬区のポスター掲示板を歩いて回りましたが、こんな遠いところまで、日曜日の朝から早起きをして、必死になってポスターを貼ってくれた皆がいたんだと思うと、言葉が出ないくらいの感謝の気持ちが溢れました。
選挙を通じて、いっぱい文句も言いたかったし、いっぱいため息をつきたかったけれど、仲間がいてくれたから、いつも笑って、いつも前向きな気持ちで、あたたかな挑戦ができました。
1つだけ生産性のないことを言うとすれば、どうしてもう1人の候補者は、立候補したにも関わらず、ほぼ選挙活動をしなかったのだろうか。どうして諦めたと言ったのだろうか。(伝聞なのでどういうニュアンスかわかりませんが)
悔しくて悔しくてたまりません。毎日毎日、どの陣営も、死に物狂いで闘っているのに、それなのに1万票しか差がつかないことに、僕自身、そして僕の仲間たちが、ばかにされているような感じがして、どうしてもやりきれない気持ちになりました。だけど、彼は彼なりの決断で立候補したのだからと自分をしずめ、僕たちにしかできない、やるべきことをやることに集中しました。こうして、結集した力が19782人の一票につながりました。結果としては、有効投票総数の11%でした。

選挙期間中はたいへんお騒がせしました。
今回の選挙、活動報告ばかりでしたので、選挙戦の詳細を思い出せる限り、自分のために、そして次の挑戦者のために、書き残します。
これからのことは、ひとりぼっちの時間を意図的につくり考えていきたいと思いますが、
現在の心境としては、今回に票をいれてくれた19782人の皆さまの期待にこたえるために、4年後の練馬区長選挙でトップを取りにいきたいです、もう一度闘いたいです。もちろん、出馬が全てはございません。柔軟に、社会を良くするための自分にとって最適な手段を模索し続けてまいります。

今度は、私が挑戦しつづけるとともに、皆さんの挑戦も応援していきます。
今後ともどうぞお付き合いください。

本当に、ありがとうございました。

田中将介

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です