田中将介

-tanaka masayuki-

せめて、2020までは生きていたいと思う

Uncategorized

この1年をふと振り返ってみると、

とにかく孤独という言葉がぴったりきた。

 

もちろん、多くの人に支えられ、多くの人に助けられた。

 

けれど、一人の時間を意識的になのか、無意識的になのか、

気がつけば、友人たちに会うことはほとんどなかった。

 

昼も夜も予定なんてほとんどなかった。

 

自分のことを話すのもどんどん苦手になってきた。

それは、結果を出してないから、作品を出してないから、

意地でも、結果を出してから、どかんと報告したかった。

PVよりも信頼を。

どこかでひろった言葉だけれど、心に刺さった。

僕は、この一年間、とにかく信頼となる、実績となる、カタチに見えるものを残すことをとにかく求め続けた。

 

その結果、自分一人では何も生きて行けず、甘い人生だったと思う。

それでも、納得できた1年だった。

人間は誰しも、自分の人生を振り返り、いい1年だった。いい人生だった。この選択をしてよかった。と思い込む生き物であるから、

あ〜よかった〜、なんて口が裂けてもいいたくない。

だって、それは思考停止して、自分に言い聞かせているだけの甘々な人生でしか無いから。

 

激しく後悔し、後悔し、後悔し続けることのできる人間でいたいと思う。

 

正直、まだ1つも納得行く結果を出せていない。

常にSNSを見て、怒りを必死でこらえていた。

見てろ、と。

数々のばかにされてきた人たちを、見返してやりたいという、

負の感情がメインではないけれど、

ときにそうして、見てろよ。できるんだぞ。と自分を奮いたたせる。

 

思考が先行して、こいつだせえな、甘いな、なんでこんなことするの、

と、人を批判しまくって、結局結果を出せない自分にいらいらする。

そういう批判対象の人たちには、いまだイライラする。この世の中、腹が立つ人間ばかりだ。

こんな世の中に生きているのも激しく嫌だ。

嫌で嫌で仕方ないけど、たまに、あ、よかった。って思う。

 

小さなことに、とてつもない感謝の念が溢れ出し、涙しそうになる。

 

今年もあと3ヶ月になる。

うーん、僕は、ずっとこのままでいくのだろうか。

このままで生きたいのだろうか。

せめて、2020までは生きていたいと思う。(笑)

 

この記事をシェアする