田中将介

-tanaka masayuki-

気がつけば、多くの人は社会の歯車になっていった

コラム

気がつけば、多くの人は社会の歯車になっていった。

「世界を変えたい」と本気で願った仲間たちはどんどん消えていった。

それもまた人生だ。歳をとるにつれて、幸せにしたいものが変わるから。

ただ、それは諦めだったら僕は許さない。

まだこいつ、世界を変えたいとか言っているの?田中とか言いそうだよね。

影でそう言われた。友人伝えで聞いた。

僕の根底はここにある。

弱い人たちを守りたい。人の弱さを知りたい。僕が弱い人間だったから。どこにいっても、自信がなかった。だから、弱い人の気持ちがわかる。つまらない思いしてないかな?って。辞めたいとか思わないかな?って。

人それぞれ、葛藤を抱えて、ただそれを出せていないだけかもしれない。

この記事をシェアする