田中将介

-tanaka masayuki-

25歳 新卒フリーランスライター 有名雑誌での執筆までの道のり

Uncategorized

私は昔から、文章が好きというわけではありません。特段好きな作家もいないし、村上春樹作品について2時間も語れるほど読み込んでもいない。

 

たまに小説は読むけれど、どちらかといえば自分がそのときに興味を持ったテーマについて徹底的に読む、まさに、文章を扱う身として、一切文章の美しさに触れることはありませんでした。

 

けれど、今、私はお金をもらって雑誌やWeb媒体に、自分の取材内容を載せてもらっています。

私なんか、プロと名乗っていいのだろうか?と毎日自問自答しているわけですが、昔の自分は、友人が「●●に掲載されました」とSNSでPRしていることにとても強い嫉妬を覚えました。

 

そして、私もどうやったら書けるかな?と、常に考え、常に苦しんでいました。

 

だからあの頃の自分に手紙を書くつもりで、あの頃の自分のような方に届いたら嬉しいなと思います。本当に失敗ばかり続けてきましたので、そのノウハウを伝えます。

 

ちなみに、私は、冒頭でも述べたように、「書く」ことにこだわりはなく、そこにおさまるつもりもありません。

 

一番最初は、テレビが好きだったから映像が良かったし、でもその大変さに気がついて、写真にもチャレンジしました。

紆余曲折を経て、発信したり、実績をつくるのに最適なのは?と考えて今に至っています。その理由とかも言語化できたらいいな。

 

この記事は、私自身の人生そのものであり、少しは他人と違った人生を生きてきた過程です。そして、どんどんアップデートしていきます。

つまり、このnoteをもって、永遠と勝手に私の人生を共有させるという、トラップ的な記事になりますが、ぜひ楽しんでください。

 

前置きが長くなりました。いいでしょ、本のまえがきっておもしろいじゃない。あとがきと合わせていつも先に読んじゃう。

 

前置きの次に前提ですが、「ライター」と書いていますが、どちらかといえば、「記者」「ジャーナリスト」として、に近いです。

 

実はこのあたりの界隈では派閥があって、「私はライターと一緒にされたくない」「ジャーナリストと一緒にされたくない」「Webライターと呼ばれたくない」とかいろいろあります(笑)

 

みんなそれぞれ、大切にしているもの、趣味嗜好があるから素敵なことですね。

 

例えば、最近の学生に多いのが、「私もフリーランスになって、自由に旅しながら生きたい。だから文章ならそれができそう!」とか、「Webで自分の生き方を発信したい!」とか。

 

こういう人は、私とは目指しているものが異なるかもしれません。

過去の私に伝えてあげたいこと、すなわち私が伝えられることは、「社会」「政治」といった世の中の「ニュース」になることをきちんと「取材」して書くという仕事です。

 

自分が主役になって、連載コラムをもちたいー!という人は、いくらでも、小さなWebメディアで出来ます。むしろ自分がWebメディアを立ち上げて編集長になれば良いのです。

 

今、Webメディアはくさるほど存在し、どれだけ小さなところでも、文章を載せればWebライターだからです。クラウドソーシングでいくらでも自分の時間を売って、いつまでも実績にならずに、消耗していく人もいます。

 

でもやっぱり大きな、信頼のある媒体がいい!と私は思っています。まず、体制が違うし、読まれる量が違います。

 

奇跡的なことでしたが、私が書いたしょーもない記事が炎上して、1週間で1000万PVだったこともあります。1記事ですよ・・・。ひやっとしました。

 

ちなみに私は、新卒でフリーランスです。いや、言い方を変えます。新卒で就職できる会社がなかったから(テレビ局と新聞社を受けて全落ち)、フリーランスというかフリーターにならざるを得ませんでした。

 

本来、ライター界隈は編プロとかで人脈を作ってー!とかになると思いますが、それも全てすっとばしました。どっちがいいかわかりませんが、どちらの意見も参考にして最後は自分が決めたらいいと思います。ただ何をするにも早いに越したことはないと思います。

 

ぜひ、このnote読んでくださった方、一緒に仕事しましょうね。「情報にお金を出す」という人は、「真剣」かつ「わかっている」人だと思っています。

 

主な知れる内容としては、

・学生時代からコネがあったの?

・どうやって有名な雑誌とつながったの?

・どうやったらフリーライターとしていい仕事ができる?

・人から認めてもらうには?

・週刊誌・雑誌の記事はどうやってできあがるの?

・取材は全部売り込みなの?記事になるまでの道のりは?

 

あたりですが、苦しんで苦しんでようやく一歩抜け出せた核心は3つだと思います。

・ポートフォリオ

・ロールモデルへの従事

・結果を出す

 

「自分の実績」として周りが認めてくれるレベルの仕事をやりましょう。

これは僕自身の全ての体験談です。

 

続きはnoteで
https://note.mu/itsmemasa/n/n9228313226bf

この記事をシェアする