田中将介

-tanaka masayuki-

カンボジアデイリー最後の1日

カンボジア

カンボジア・デイリーは24年間読者を務めていたが、政府が最後の争点を発表した。 2人の記者が、新聞に、その論文が何を意味するのか、そして民主的な機関が脅威にさらされている国に対して、

Leng Lenは社会正義と労働移住を扱った。彼女は、この紙の最後のカバー物語の1つ、「サウジで12年後に去ったメイド・ホーム」を書いた。

今日はカンボジアデイリーの報告の最後の1日です。

今すぐ購読してこの話などを続けてください

日曜日の朝(約12:30 am)の早朝に野党指導者のケム・ソカを逮捕したことを聞いた後、私は自分自身が眠れないことに気付きました。毎日一緒に働いていた私の数週間で、私は何年も一緒に働いていた私の仲間のジャーナリストとメンターの特徴である恐れを完全に感じ取っていました。

穏やかな熱と睡眠不足を抱えて、私は警察の本部に行き、逮捕の話題を取り上げました。私は1時間外に立って、当局や野党指導者に電話をかけたり、警察の警備員が私の質問に答えるのを何度も試みたりしなかった。

私の同僚たちと私は夜中に事実を確認し、事態の重大性をよく知っている逮捕に関する詳細情報と、これについて一般に知らせる緊急の必要性を集めました。土曜の夜だったが、私たちは自分自身に言った:「眠らないで、私たちは話をしなければならない」

私はジャーナリズムの学校で学んだジャーナリズムのスキルを続けていく機会を失うために、完全に空で荒廃しているように感じます。私と、NGOの労働者、アーティスト、民間部門の従業員、英語を読んでいる学生である読者には、論文の喪失は独立した事実チェッカの喪失という大きなものです。

私は通常タイでカンボジアの移民労働者のような恵まれない人々と話し、法的な仕事文書にアクセスできないようになっていました。私が彼らと一緒に行った会話では、私はレポーターとしての私の目標である「無声に声を出す」と考えました。

私たちが一般に報告した情報は今や失われるでしょう。農村部、学者、学生、企業の人々は、独立したニュースにどのようにアクセスしますか?

私たちは読者から多くの反応を受けました。怒ったり、悲しいこともありますが、私たちの仕事を称賛します。私たちの定期的な読者の一人が私たちに次のように書いてくれました:「私と他の無数のカンボジア人を守ってくれたのは、あなたがエンドレスの王国で実際に何が起こっているのかを知って、不思議。 Kem Ley博士が昼間に撮影されたときに私のFacebookのニュースフィードに警告したのはあなたでした。この国が直面している問題について私たちの意見を共有するために、私のような若いカンボジアの若い学生にチャンスを与えたのはあなたでした。私は民主的権利を行使し、私の思考を報道陣に表明するように私を押しかけたのはあなたでした。私の言うことを聞いてもらうために、もはや専門家、大臣またはCEOになる必要はないと私に信じさせたのはあなたでした。そして今、私を去るのはあなたです。 “

Hang SokuntheaはカンボジアのPannasastra大学の新聞とメディア教授のビジネス・レポーターであった。

カンボジアの分極化したメディアの景観は、1970年代に内戦後独立したため、問題となっています。報道の自由は憲法に盛り込まれているが、政府を動揺させたくない場合、あるいは政権加盟国のエリートが所有して与党を支持するストーリーを展開する場合、一部の小売店は自己検閲を行う。

カンボディア・デイリーは、カンボジアに関する真実を政府の圧力に左右されることなく、カンボジアと世界にもたらすために、独立した英語の日刊新聞として重要な役割を果たしました。

カンボジアがASEANの世界経済フォーラムを初めて開催した5月には、外国の報道機関であっても、これらの圧力がいかに強かったかを実感しました。

カンボジアの長年のリーダーであったHun Senは記者会見を使って、私と他の出版社の同僚を講演しました。私たちは政策を求めていました。彼は私が彼を適切に見積もっていなければ、「いつも彼に反対している」外国人のしもべと見なされるだろうと私に言った。

翌日、報道陣の脅迫は、多くの国際的なニュース・アウトレット、また、カンボジア・デイリーとプノンペン・ポスト(Phnom Penh Post)の2つの町で最も古い英語のアウトレットに現れました。対照的に、国営の地元のニュース・アウトレットのほとんどは、カンボジア経済の発展についての彼の演説の部分に焦点を当て、「外国人のしもべ」と呼んでいる。

記者会見後、ドイツのジャーナリストが私に言ったことを決して忘れることはありません。 「地元の報道機関を攻撃すると、ハンセンは自分自身を恥じていると思う」と彼の同僚の一人が「私はこの国でジャーナリストとして働く必要がないことはとても嬉しい」と話した。

先を見据えて、多くの若くて教育を受けたカンボジア人と私は、この国の将来について深刻な疑念を共有しています。私たちは皆、これが民主化社会への道をさらに難しくするための最初のステップに過ぎないことを知っています。

私が確かに知っていることの1つは、メディアプロフェッショナルとしての私たちは、これらの新しい開発にもかかわらず、私たちの価値観に真実を保たなければならないということです。私たちは、報復が恐怖や好意なくニュースを報道する自由が、私たちの権利のために戦い続ける必要があります。

この記事をシェアする