田中将介

-tanaka masayuki-

「記者会見」に参加することで忙しいふりをすることの無意味さ

ライフスタイル

忙しいという事実は、いくつか細分化することができると思っている。

本当に前に進むため、何かを得るために一つ一つの予定がある人、
とりあえず何でもよいから予定がある人など。

予定が少しでも入っていると、なんとなく充実した気分になる。
結局、予定なんて、自分の気持ちを納得させるためのものとなってしまう。

自己満足で良いなら良い。しかし本当に実現したいことがあるのであれば、
自分の行動が本当に意味のあるものなのか、自己満足によって大切なことを見失っていないか。改めて忘れないようにしたい。

まあ、予定なさすぎて、ひますぎたら、本末転倒なんだけどね。笑

例えば、僕の場合、「記者会見」に行くことに意味がないと思っている。

記者会見に行くことが好きではない。

誰でもできる。皆同じ情報だ。価値なんてない。

「忙しい」ふりをしている。

「仕事している」ふりをしている。

いや、それが仕事なのかもしれないけど。

それが仕事でいいのかと思う。

少し、社会の最先端にいる気分になる。

いつも顔を合わせる人同士の再会を楽しむ。

それでいいならいい。実はその気持ち、わかる。楽しい。わくわくする。

けれど、あとになってみれば、何の価値もうんでいない。

忘れたくない。気がつかないうちに当たり前になって終わりそうなこと。

確かに、会見で知り合いがいたときの嬉しさというものはあるんだけれど・・・。

そこで新たに人脈につながることは大事だけれど・・・。

というジレンマもありますよもちろん。

この記事をシェアする