田中将介

-tanaka masayuki-

ライターの(田中の)相場 どうやって稼いでいるの?

インタビュー

相場や生計の立てかたを知りたい!という人も多いので、仕事を発注する場合の目安を書いておきます。

現在は、基本的に、原稿1本いくら、1ページいくら、といった形でやっています。

だから、どれだけ読まれても(PV数を稼いでも)値段は変わりません。

そういった普通の取材から執筆するのに、(人物取材系)は、5万円から7万円。

さくっとコメントをとってニュースを追いかけてかくのは1万円〜。

今話題の!てきな取材記事は3万円〜。

みたいな感じですかね。使い勝手がいい方だと思います。

 

こちらから編集部に企画を出して通すこともできるので、PR案件があれば教えてください。

こちらで勝手に判断します。お金多めに積んでくれるなら、ほぼ無条件で(笑)

というくらい、取材から執筆までって労働集約型で、何十時間、何日もかけてやるので、かなりしんどいんですよ。

ライターになりたい!WEBで書きたい!という人は、ほんとに〜?その覚悟ある〜?って感じです。

記事ってその人の人生背負ってますからね。逆に取材されたとき、こんな伝え方するの?って思って、一発で信頼なくすこともありますからね。

特に著名人の場合は、一発で信用問題、訴訟とかになりうる可能性もあるので、準備をしっかりしないといけません。精神もすりへらします。

 

つまり、稼ぐにはそれなりに考えたり、やりたくない仕事をやる必要も出てきそうです。

他の人を見ていると、企業からオウンドメディア代行をもらって書いたり、PR記事の代行を書いたりして、単価もいいと思います。

が、僕自身は一切やりません。そんなので時間無駄にしたくないです。僕の目指す理想に、実績にもなりませんし、勉強にもなりません。(バッサリ)

もちろん、人のよって目的が違いますし、間違いなく人の役に立てる仕事ですから、それぞれでいいと思います。

僕はなるべくクリエイティブなことをしたいので(働きたくないだけ)

忙しい〜!ひいいいい!っていうライターさんを見ていると、残念に思います。

やばい、趣旨からずれてきた。

もし、リアルな話を聞きたい!ということがあれば聞いてください。

卒業してからいきなりフリーランス、どうやって仕事ゲットしたの?

という質問は、noteを書いているので、そちらを参考に。

たぶん、僕の生き方、唯一無二なので、役に立つと思います。

もちろん、上記のように、なんでもいいから書きたい!って人には意味ないです。

クラウドソーシングで、めちゃくちゃ時間使って、フリーランスです!という虚しいことには興味ない人向けです。

小遣い稼ぎではなく、これに人生かけるんじゃー!って人、いらっしゃい。

この記事をシェアする